読図 練習問題 Vol.1

さるコミュニティで読図オフを企画し、8人ほどの方に集まって頂いたので、
実際に山歩きしながら読図トレーニングをやってみました。

その事前準備として机上講習を何度かやったのですが、知識ゼロの方が
いきなり実地に出るより効率的に感じましたし、評判も良かったです。

そこで、当ブログの定番コンテンツとして続けてみようと思います。(^^)

まず用語の統一が必要なので、下図のように定めたいと思います。
e0133566_12543970.jpg
シルバタイプ
コンパス
各部名称



読図には当然地形図が必要ですね。
本編ではカシミールで国土地理院の「ウォッちず」データをPDFに出力した地図を
使います。
今回は山屋さんに大人気 ^^; の 「槍・穂高」で行こうと思います。
リンクをクリックすると、別窓でオンラインストレージに飛びますので、「ダウンロード」
ボタンを押し、「ファイルを保存する」でPCに保存して下さい。

PDFの印刷ですが、印刷ダイアログの「ページ処理」 → 「ページの拡大/縮小」では
必ず「なし」を選んで下さい。
「用紙に合わせる」などを選ぶと縮尺が変わってしまいます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、前置きが長くなりましたが、本題の練習問題に行きましょう。(^^)

あなたは新穂高温泉(地図の左下枠外)から右俣谷を辿り槍平から槍ヶ岳ってシブい
コースを歩いています。

問1
チビ谷と思しき沢を見たので、現在位置の確認のため谷の上流にコンパスのベース
を向け、磁針の向きとベゼルの向きを合わせました。
角度の読みは何度になるでしょう。

問2
どうやらチビ谷に間違いないようです。現在位置の標高は何mですか?
(1/25,000地形図の等高線一本の標高差は10m、5本ごとに若干太く表されます)

問3
ヒーヒー言いながら、どーにか滝谷避難小屋は過ぎました。
しかし、突然ガスが下りてきて、周りは真っ白で何も見えません。
大き目の沢が入ったので、上流にベースの向きを合わせ、ベゼルと磁針の向きを
合わせると角度の読みは5度でした。
また、登山道の向きにベースを合わせ、ベゼルと磁針の向きを合わせると角度の
読みは307度でした。
あなたは標高何m地点に居るのでしょうか。

問3はチト高度ですかね。(^^)
頑張って解いてみて下さい。


[PR]
by stonemute | 2009-02-03 20:00 | 地図読み


そして さらに遥か遠く、まだ見ぬシャングリラへ。


by stonemute

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
地図読み
ネタ
カメラ
ビオゴン 67
機械設計
モータースポーツ
自作中判1号機
古典印画
未分類

以前の記事

2016年 03月
2014年 05月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

画像一覧