人気ブログランキング |

磁北線つき地図の印刷

さて、前回のエントリでは、カシミールで磁北線付き地図を表示させるまでは出来ました。
今回はプリントアウトして山へGo! ってところまでやりましょう。(^^)
ご家庭用に普及しているA4サイズのカラープリンターがPCに接続されている前程です。

カシミールのメニューから、下図のように選択して下さい。
「編集」 → 「選択範囲を決める」
e0133566_11121330.gif


ここで地図上をドラッグすると、下図のように赤い斜線付きエリアが現れ、次にその
エリアの真ん中をドラッグすると選択位置を移動でき、四辺をドラッグすると選択範囲
を変えられます。
e0133566_11125835.gif


適当なところでメニューから下図のように辿って印刷メニューに入ります。
「ファイル」 → 「印刷」 → 「選択範囲を印刷」
e0133566_11143057.gif


印刷ダイアログが表示されます。赤いアンダーラインで示したラジオボタンで好みの
縮尺を選びます。「正確ではない」なんて謙遜されてますが、経験では実用上十分に
正確です。1/50,000なども選べますが、細部が潰れて実用性は「?」です。
さて、今回の例ですと横長(長辺が東西)の地図を印刷したいのですが、プレビュー
だと縦位置印刷ですね。
赤枠で囲った「プリンタ設定」で横位置印刷に変更しましょう。
e0133566_1134770.gif


メデタク横位置になりましたが、まだA4一枚には少しハミ出していますね。
赤枠で囲った「範囲指定し直す」をクリックすると、地図に戻ってやり直せます。
少し選択範囲を狭くしてみましょう。
e0133566_11591978.gif


ハイ! これでちゃんとA4一枚に収まる範囲を指定できました。
あとはモリモリ印刷するだけ。計画しているルートがA4に入りきらなかったら、
印刷後に「範囲指定し直す」で戻って、選択範囲の真ん中をドラッグして枠を
移動させ、また印刷。
それぞれ少し重複するように範囲指定するのがコツです。
e0133566_11152141.gif


どうですか? これで居ながらにしていつでも地形図を手に入れられます。
どうせ山では畳んで使うので、A4で十分! それに売っている地図だと、
肝心の部分で地図の境にブチ当たったりしてイラつく事がありますが、電子
地図なら境界も自在だし、重複部分を作ることで切れ目に悩まされること
も減ります。是非!活用してみて下さい。
(おっと、一つ言い忘れた。印刷しちゃうとドッチが北なんだか・・・ って声が
出そうですが、地形図のお約束として、地名などの文字は必ず北が上で読め
る向きになっています。)


by stonemute | 2008-12-19 23:10 | 地図読み


そして さらに遥か遠く、まだ見ぬシャングリラへ。


by stonemute

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
地図読み
ネタ
カメラ
ビオゴン 67
機械設計
モータースポーツ
自作中判1号機
古典印画
未分類

以前の記事

2016年 03月
2014年 05月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

画像一覧