磁北線つき地図を無料で!手に入れよう

さて、地形図の利用法ですが、先のエントリにも書いたように、是非とも国土地理院発行の
1/25,000地形図を基本としたい。
そこでどうやって入手するかですが、正規に発行されている紙の地図はナカナカに入手が
難しい。都内に住んでいても、相当大きな書店に出向かないと置いてない。
また、改定されていく地図に商品の回転が追いつかず、いささか古い地図を掴まされたり、
夏休み前に学生諸君に買占めされ、在庫が払底してて悲しい思いをしたりする。
私自身も、何泊もするロングルートに出る前は、気合を入れる意味でも、本物の紙地図を
入手して磁北線引き~の水線入れ~のって加工するのが楽しいのですが、一泊二日程度
の山行に地形図の入手で右往左往するのは避けたい。そこで電子地図の出番です。

さすがは国家がやる事は気前が良い ^^; と言うか、今でも書店などで売っている地図を
全国、津々浦々まで無料で公開してくれています。その名もウォッちず
で、ここで検索やらゴニョゴニョやるとこんな地図が表示できる訳ですが、これではいかにも
使い勝手が悪い。A4一枚にどうレイアウトしたら正しい縮尺なのか? なんて事が丸で分ら
ないし、肝心の磁北線だって自分で後から引かなきゃ。

しかし、ここに実に素晴らしいソフトウェアがある。カシミール 3D、地図に関しては全く恐る
べき万能ソフトであり、非常に長い歴史がある。こんなお化けソフトをフリーで公開されて
いるダン杉本氏には、絶対に足を向けて寝られないのである。
とりあえず本編でご紹介する地形図の印刷だけなら、上記サイトからダウンロードしてセット
アップすれば事足りる。しかし、その他にも素晴らしい機能が満載のソフトなので、解説本
などを買ってマスターするのも楽しいでしょう。

e0133566_1302555.gif無事にインストールして起動まで出来たとして、最初に確認
するのは「オンライン」になっているか。である。
[ファイル]メニューから左図のピンクのビックリマーク。
ここのチェックが入っているとオフラインなので、「ウォッちず」
のデータを引いてくる事が出来ない。クリックしてオンライン
にしよう。

オンラインになったら、同じメニューの上から二番目、「地図
を開く」をクリックして下さい。


e0133566_13151330.gif別窓が開きます。
『ウォッちず』 25000 を選び
[OK]をクリックすると地図の
ダウンロードが始まります。

見たい地図に行くには[ジャ
ンプ]メニューから、地名や
緯度・経度を入力してみて
下さい。


e0133566_14572421.gif2009/01/08 追記
『ウォッちず』 25000では
どうも印刷出力が汚いです。
『ウォッちず』 12500を選び、
(赤い四角部分)
縮尺を赤楕円のスライドバー
で 0.50倍(赤線)に調整し
てから、次のエントリの
磁北線つき地図の印刷」へ
進んで下さい。
モニタの解像度によっては、
A4一杯の印刷範囲がハミ出
てしまいますが、多少不便で
もスクロールさせながら範囲
指定し、印刷時に1/25,000
で出力するのが圧倒的に
美しく実用的です。

追記終わり。


地図が表示されましたか? そうしたら磁北線を表示させてみましょう。
ソフトの右端にズラッと並んだツールバーから、下図のピンクの枠で囲んだボタンを探して
クリックすると、何やら赤い斜めの線が描画されますね? これが磁北線です。

でも、なんだかブツ切れで見づらく、使いづらそうに感じませんか?
そこで、先ほどのボタンの右隣り、「磁北線」と書かれたボタンを押してみて下さい。
別窓が開いて磁北線の設定ができます。お勧めの設定は図の通り。

間隔(緯度):0度55分00秒 / 間隔(経度):0度00分50秒 です。(^^)
(表示地域によっては切れる場合もある。その場合は微調整して下さい)

e0133566_11592767.gif


磁北線付きで地図が表示されました。(^o^)
印刷はまた次回!
e0133566_120720.gif




[PR]
by stonemute | 2008-12-08 22:09 | 地図読み


そして さらに遥か遠く、まだ見ぬシャングリラへ。


by stonemute

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
地図読み
ネタ
カメラ
ビオゴン 67
機械設計
モータースポーツ
自作中判1号機
古典印画
未分類

以前の記事

2016年 03月
2014年 05月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

画像一覧