3号機 完成遅延のワケ

R.A.F.(Royal Air Force / 英国空軍)ビオゴンを搭載した自作カメラ3号機の蛇腹が完成した
というのを前の記事に書いた。

その後の更新が滞り、「どうした?」 といった問いかけも頂くので現状のご報告をば。

只今ここまで。 ↓
e0133566_1643368.jpg

一応リンクは組み上がった。
しかし、これは設計当初から懸念していた事であるが、上下のリンクセットの連動が上手くない。
手前のボルトの出入りでフォーカシングするのだが、どうしても奥のリンクが遅れてしまいレンズ
ボードの平行度が出ない。
スプリング(奥のリンクにかかっている)のテンションで誤魔化せるかと思ったが、そうは甘くない
ようだ。

これでもピボット周りの加工精度は極力上げたつもりなのだ。
リンクの軸穴はフライスのエンドミル加工。 軸も市販ボルトの予定を変更して、一本一本軸穴に
合わせた真鍮ピンを制作している。
1/100mm単位の誤差を吸収するため、個々にナンバリングして位置の限定もしたのにこの有様。

各部クリアランスがガチガチのわりに動作自体はスムーズで、これは安心材料。

これで駄目なら仕方ない。 リンクの強制的な上下連動を図ることとする。
e0133566_16174773.jpg

図中、赤く示しているのが連動リンク。
SUS材の溶接構造も考えたが、熱歪みのコントロールが面倒そうなのでA7075(超々ジュラ)の
総削りをカマしてやろうと考えている。

設計はとうに終わっているのだが、このGW連休で加工屋さんが閉まっていて進まない。 Orz
そんな状況なのでした。
[PR]
by stonemute | 2012-05-06 16:39 | ビオゴン 67


そして さらに遥か遠く、まだ見ぬシャングリラへ。


by stonemute

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
地図読み
ネタ
カメラ
ビオゴン 67
機械設計
モータースポーツ
自作中判1号機
古典印画
未分類

以前の記事

2016年 03月
2014年 05月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

画像一覧