自作 中判カメラへの路 Vol.1

いきなり ですが....

超広角中判カメラが欲しいっ! と思うワケですよ。

しかし、世の中にはそんなカメラはそうそう転がっていない。
転がってないなら作っちまえ! って乱暴なお題で数回に渡り、完成までをお届けしたい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

初回は、「超広角」 とは何か。 何故に 「超広角」 なのか。 何故に中判なのか。
何故にサクっと買わないのか... ^^; なんちゅ~トコロをネタに一席いこうかと。 ^^

世間一般に 「広角レンズ」 っちゅ~と、まぁ35mmフィルム(135判)換算で35mm以下くらいでしょうか。 それに 「超」 が付くと21mm辺りから ってのが私の感覚。

その辺の薀蓄はウィキペディア先生にお願いしよう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E8%A7%92

で、私は山に登るワケである。 山では広角レンズなんである。
何故って、雄大なモノを雄大に撮るには画角が広くないとイカ~ン。

と、いうのは下手糞の言い訳なんだが、少なくとも望遠系よりは出番が多いのは確かだろう。

e0133566_15483370.jpg


上の写真は、RUSSAR 20mm というオロシャ製レンズで冬の八ヶ岳を撮ったものだ。
どうですコノ距離感! コノ広さ! ヘボでもソレらしく見せる魔法が、超広角にはモレ無く付いてくるのだ。 ^o^

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんだ、20mmレンズを持ってんじゃないか。 と言われそうだが、RUSSAR は35mm判用のレンズなのである。 下図を見て欲しい。

e0133566_16185368.jpg


一目瞭然。
APS-C というのが、まぁ最高級じゃないクラスのデジタル一眼のセンサーサイズ。
高級デジタル一眼レフになってやっと 35mm判相当。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

で、今回欲しい欲しいと騒いでいるのがブローニー判フィルムで 6x9 サイズを切り取るカメラ ってワケです。
フィルムにしろデジタルにしろ、単位面積あたりに詰め込める画素(色の粒)数は変えられない。 だから、同じサイズまで引き伸ばした時に精細なのは受光面積の大きいフィルム、大きいセンサー。 って事。

その意味でデジカメはまだまだフィルムに勝てない。 何故って、高級デジカメに対して 6x9 の受光面積は軽く5倍を超える。

まぁそんな御託を並べてないで、腕を磨いてから出直せ! というのが正しい。 ^^;
だがソコは遊びである。 欲しいモノは欲しいのだ。 ^^;;;

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

シカ~シ、欲しくても無いのが超広角レンズの付いた中判カメラ...
いやいや、全く無いワケじゃなくって、中古で30万とか50万とか出せば買えなくは無い。

こんなのe0133566_1732056.jpg

とか こんなのe0133566_1730975.jpg


買えるか~~! こんなん!! (ノ`□´)ノ⌒┻━┻

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

で、設計してみました!e0133566_17485349.jpg

っちゅ~のが次回の御題ですな。 ^o^
[PR]
by stonemute | 2009-08-31 22:30 | 自作中判1号機


そして さらに遥か遠く、まだ見ぬシャングリラへ。


by stonemute

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
地図読み
ネタ
カメラ
ビオゴン 67
機械設計
モータースポーツ
自作中判1号機
古典印画
未分類

以前の記事

2016年 03月
2014年 05月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

画像一覧