GIMPでCMYK分解するワークフロー

1.UBUNTU上のGIMP 2.9.3 日本語版を用いた場合の工程である。
e0133566_19302380.jpg

2.元画像の色深度は16bit以上が望ましい。 8bitではシャギーが目立つだろう。
 GIMP 2.8系以前のバージョンでは8bit深度しか扱えないため、この処理には不利になる。
 UNIX系以外のOS用GIMP 2.9入手先 : Partha's Place (但し64bitOS用のみ)
e0133566_19303370.jpg

3.[色]→[色要素]→[チャンネル分解]を選択。
e0133566_193042100.jpg

4.[色モデル]をCMYKに、[分解したチャンネルをレイヤーに展開する]チェックボックスON→[OK]。
e0133566_19305278.jpg

5.CMYK分解されレイヤーに展開した別画像が生成される。
 デジタルネガの作成であればここまでで了。
e0133566_19310100.jpg

6.現状ネガ画像なので、ポジに戻すため各レイヤーで[色]→[階調の反転]を実行する。
 その際、Topレイヤーのみが可視なので、順次不可視化しながら進めると分かりやすい。
 デジタルポジの作成であればここまでで了。
e0133566_19311472.jpg

7.以下、元のカラー画像に戻す処理。
 グレースケールなので[画像]→[モード]→[RGB]と選択する。
e0133566_04454.jpg

8.左ペインのパレットをクリックし、CMYK変更タブを選ぶ。
e0133566_19312061.jpg

9.各レイヤーの色に適合したCMYKを100%に、他を0%に設定して[OK]。
e0133566_19312737.jpg

10.[色]→[カラーマッピング]→[グラデーションマップ]を選択し、カラーマッピングする。
  [6.]と同様に全レイヤに実行。
e0133566_19313415.jpg

11.右ペインのレイヤータブで[モード]を各レイヤーとも[乗算]に変更すると、全てのレイヤー
  が重なり元画像と同一な像が得られる。
e0133566_19314649.jpg

[PR]
# by stonemute | 2016-03-05 19:32 | 古典印画

タイヤはワインと似ている

…と言われても解かる人は居ないだろう。 私の勝手な理解であるのだから。

私はかつてレーシングメカニックと呼ばれる仕事をしていました。
日本のフォーミュラカーのトップカテゴリーがF-2という呼称だった時代、エンジン屋として鈴鹿やら
富士スピードウェイで開催されるレースに帯同して12000rpm回るエンジンの管理をやっていた。
e0133566_23452948.jpg
ここは鈴鹿サーキット。 中央やや右寄り、白キャップでエンジンに屈み込んでいるのが若かりし私。
時代は既にF3000に移ろい、G・リース選手のマールボロ・ローラを担当していた頃。

さて、タイヤの話しに戻しましょう。
上の写真でタイヤは4輪ともモコっとした布に包まれているのが写っていますね。
これはタイヤウォーマーといい、簡単に言うとタイヤ専用電気毛布です。
走行の何十分も前からこいつに大電流を流し、タイヤを素手では持てないくらいの高温にまで温めてからドライバーに乗せるのです。
何故そんな手間の掛かる事をやるのか? それはタイヤには作動温度というのがあり、レーシング
タイヤの場合それが80℃以上にもなるからです。
皆さんが知っておられる街乗りタイヤでも、走行すればゴムは変形し、変形すれば発熱します。
しかしそれを意識する事はまず無いでしょう。
レーシングタイヤは強大なグリップ力(路面を掴む力)を得るために表面を溶かし、その粘着力によって路面にへばり付いて走っています。
ゴムを溶かす為に常温でも消しゴム並みに柔らかいタイヤを履かせ、タイヤウォーマーで温めてからコースインし、ドライバーはそれを冷やさないよう激しく変形させて温度を保つのです。
乗用車の1/3近く軽い車重に大パワー、何倍にもなる接地面積のタイヤですから、作動温度より冷えると氷の上を走るのと同じなんです。 物凄く簡単にスピンします。
しかし上にも限度があり、高温になり過ぎると逆にグリップは落ち、更には表面が泡だったり剥がれたりと様々なトラブルが起きてレースを失ってしまいます。

ここでタイヤ温度がレーシングカーの走行に及ぼす影響力を示すエピソードを一つ。

e0133566_8573856.jpgステファン・ヨハンソン選手。
非常に攻撃的なドライビングスタイルを持ち、後にF-1まで登り詰めフェラーリのNo.2にまでなった天才ドライバー。
私が関わったドライバーの中では才能ピカイチ。
当時ヨコハマタイヤのエースとして国内F-2シリーズに鳴り物入りで参入して衝撃的であった。
当時ヨコハマタイヤからは高橋国光、高橋健二、和田孝夫 各ドライバーが参戦しヨコハマ三羽烏と呼ばれていた。
そこにヨハンソンが加入した年のとあるタイヤテスト日、鈴鹿サーキットは雨に祟られてウェットタイヤのテストにしかならないコンディションだった。
数周の走行を繰り返しピットインしてはタイヤ温度などのデータ収集を行うのだが、三羽烏のタイヤはサッパリ発熱せず傍目にも全くグリップしていない。
しかしヨハンソン車だけはピットインの度にモウモウと湯気を上げて明らかに三羽烏とは違う状況。
当然周回タイムも天と地の差があり全く勝負になっていない。
スピードが足りないとタイヤは変形できず温度は上がらない、上がらないとグリップ皆無でスピードを上げられない、スピードが足りないと… という最低の無限ループだ。
あれはタイヤエンジニアも困ったと思う。
ヨハンソンに合わせると三羽烏は氷の上でタイトロープ。
三羽烏に合わせるとヨハンソンはアッ!という間にタイヤを壊してしまう。
双方が満足するタイヤなど造れる筈も無く、2種類の全然違うタイヤを用意せざるを得ない。

国内トップドライバーでも世界レベルの天才の前ではこの有り様。
タイヤの作動温度とはかくもセンシティブで融通のきかないものなのだ。


さて、ここからが本題。(ヲイヲイw)
当時、某タイヤメーカーのエンジニアから聞いて非常に強く印象に残った話。

当時も今もタイヤのゴムには様々な化学物質を配合し、高性能を実現しようと研究を重ねている。
しかし、根本を成す天然ゴムの優劣の差は如何とも埋め難いのだ と。
その品質の差はゴムの産地、もっと言えばゴム農園のドコソコで決まり、他では代え難いのだ と。
そう言うのだ。

そして世界で一番良い農園はフランスのミシュランタイヤが押さえており、結果としてミシュランと真っ向勝負して勝てるメーカーは世界の何処にも無い のだそうである。
想像だが、植民地時代にブン盗った領地が当たりだっただけ ではないかと思っている。

どうだろう。 この構図はワイン業界の事情と極めて似通っていないだろうか。
生産者の意識が如何に高くても、設備にどう投資しても、畑の優劣を覆すのは容易ではない。
同レベルの生産者同士では畑の差は絶対に埋まらない。

年間何千億円という金が動き、世界中から選りすぐられた天才ドライバー20数人が凌ぎを削り、最先端の工業技術の粋を集めて競われるF-1サーカスにしたところで、4本の黒くて丸いタイヤが無ければ1mmたりとも動けない。
そんなタイヤは上記のような大航海時代的な物語りの中で動いているのだ。

このような訳で、タイヤメーカー同士の真っ向勝負は不毛な結末となる という学習が進んだ結果、ここ20年ばかりの自動車レースでは種目ごとにメーカーが棲み分ける傾向が強くなった。

技術屋としては何となくムズ痒い流れであるが、現実はそんな世界なのだ。

[PR]
# by stonemute | 2014-05-06 00:25 | モータースポーツ

ようよう 我が物となりしか (自己満足)

e0133566_1629864.jpg
(画像をクリックすると flickr の等倍画像に飛びます)

RAFビオゴン38mm f=4.5 を手に入れ、6x7蛇腹カメラを設計・自作してから早くも1年が過ぎた。
その間に数十ロールを通してみたが、ようやっと自己満足のできる画が撮れたように思う。

1200dpiでスキャンしてレベル補正しただけだが、この艶やかな陰影が出せれば私は満足だ。
これなら大伸ばしに焼いてもソコソコ見られる画になるのではないかと思う。
この感じをコンスタントに出せたら良いなぁ。

当エントリーをご覧になる方々が如何ように判じられるか分からないが、自分としてはこれにて遂に
納得がいき、このレンズと共に在ろうと定めることが出来た。

とても嬉しい。
[PR]
# by stonemute | 2013-09-19 20:02 | ビオゴン 67

現像用具売り場に行く前に

コレだけは揃えとけ リスト
e0133566_942449.jpg

備考:
1.温度計 普通に100℃までの物 2本あると望ましい
2.ホームセンターで200円くらい
3.プラでも金属でも可だが、写真のブツ程度の深さが欲しい
4.フィルムの水滴吸収用 http://amzn.to/t8VrTf
5.2.に同じ
6.2系列以上同時にセットできる物 写真は4系列
7.薬局等で「掃除用」などと売られている物 食用は高くなる
8.10ccを読み分けられる物
9.分解能 0.1g http://bit.ly/vCJ7Yt
[PR]
# by stonemute | 2013-08-29 09:43 | ネタ

やっとこさの自作3号機完成記事 ^^;

R.A.F.(Royal Air Force / 英国空軍)ビオゴンを搭載した自作カメラ3号機の完成遅延の言い訳
というのを前の記事に書いた。

その後課題だったパーツも届き、2012年9月17日には最初の試写を My flickr にアップしている。
コレ ↓ が3号機で撮った今のところの自薦ベストショットかなぁ。
One
Jungle eating a civilization 1

今回の記事も書かなきゃ圧力を感じてはいたのだが、今日に至るまで放置してしまった。
自分なりに真っ当らしき理由を付けると、「これで完成!」 という意識が薄いせいだと思っている。
まだまだ完成度を上げる余地ありと考えているので、どーも筆が進まないのだ。

まぁそんなこと言ってても記事にならないので只今現在の3号機をば。 ↓
e0133566_1453226.jpg
重量1087g (ストラップ除く,保護フィルター含む) これで無限遠位置。
現有の SA38mmXL と SA47mmMC も搭載可能だが、その際はレンズボードごと交換するのと
同時に印のフォーカシング関連パーツもセット交換する。
巻き上げレバー上面のホースマン印?はRAFラウンデルの自作デカールに貼り替えてある。

そしてコレ ↓ が仕舞いの沈胴状態
e0133566_146696.jpg


真上から見た無限遠がコレ ↓
e0133566_1462882.jpg

正月に西表島の海岸線でガンガン使ったらA7075のアームが錆びた。 ^^;
頼んでたのに加工屋がアルマイトかけてくれないんだもの。 A7075は錆びやすい。

そして最近接 ↓ フィルム面から245mm 
e0133566_1465258.jpg

無限遠で後ろ玉はこんな感じ。
遮光モルトとフィルムバック固定レバー。 上のストラップ金具はフィルムバック固定フックも兼ねる。
蛇腹の裏打ち紙はマジックペンで黒塗りしたのだが、どーもハロっぽいので大手ペイントメーカー
勤務の友人にスペシャル艶消しブレンドな塗料を作ってもらいバッチリ♪
e0133566_1475440.jpg


リンク詳細。 今回一番苦労した上下連動リンクが見えている。
これを後回しにしたばかりに完成が大幅に遅れた。 ^^; 
A7075(超々ジュラルミン)製で、結果的に全制作パーツ中一番高価なブツとなった。
そりゃ素材体積の80%以上を削り捨てて平均肉厚2mmで精度出せ なんて非道いハナシである。
上下の橋渡し部分がゴツく見えるが、ちゃんと裏の肉を盗んで軽量化してある。
苦労の甲斐あって? 現状全く問題無い剛性と円滑動作を両立させることができた。
e0133566_148179.jpg


前玉&シャッター周り。
レンズボード固定板はカミさんが捨てたフライパン用落し蓋からの切り出し。 何とハンマートーン!
ドナーになったコンパー0番シャッターが元々開放f値3.5用だったので、絞り指標と実絞りの関係が
2絞り半ほども違っていた。
所有する SA38XL f5.6 の絞り開口面積と見比べ 「まぁこんなもんだろ」 という指標を貼ってある。
ヤマ勘露出頼りの実写上がりを見ても 「まぁそんなもんだろ」 という感じである。ww
e0133566_1484127.jpg
前玉は結構な出目金だったので保護フィルター必須。
前玉外枠を(またも)旋盤で削り飛ばし 52-67 のステップアップリングを接着併用で圧入してある。

と現状こんな感じです。

課題としては、
 1.イマイチ感のあるフォーカシングレバーを作り直したい
 2.距離指標をもっと見やすく
 3.両面テープで貼っただけ ^^; のブロードアロー銘板のビス止め
 4.SA38,SA47 搭載用パーツ製作
などがある。

まぁポチポチ進めていこうと思います。
[PR]
# by stonemute | 2013-03-10 15:46 | ビオゴン 67

3号機 完成遅延のワケ

R.A.F.(Royal Air Force / 英国空軍)ビオゴンを搭載した自作カメラ3号機の蛇腹が完成した
というのを前の記事に書いた。

その後の更新が滞り、「どうした?」 といった問いかけも頂くので現状のご報告をば。

只今ここまで。 ↓
e0133566_1643368.jpg

一応リンクは組み上がった。
しかし、これは設計当初から懸念していた事であるが、上下のリンクセットの連動が上手くない。
手前のボルトの出入りでフォーカシングするのだが、どうしても奥のリンクが遅れてしまいレンズ
ボードの平行度が出ない。
スプリング(奥のリンクにかかっている)のテンションで誤魔化せるかと思ったが、そうは甘くない
ようだ。

これでもピボット周りの加工精度は極力上げたつもりなのだ。
リンクの軸穴はフライスのエンドミル加工。 軸も市販ボルトの予定を変更して、一本一本軸穴に
合わせた真鍮ピンを制作している。
1/100mm単位の誤差を吸収するため、個々にナンバリングして位置の限定もしたのにこの有様。

各部クリアランスがガチガチのわりに動作自体はスムーズで、これは安心材料。

これで駄目なら仕方ない。 リンクの強制的な上下連動を図ることとする。
e0133566_16174773.jpg

図中、赤く示しているのが連動リンク。
SUS材の溶接構造も考えたが、熱歪みのコントロールが面倒そうなのでA7075(超々ジュラ)の
総削りをカマしてやろうと考えている。

設計はとうに終わっているのだが、このGW連休で加工屋さんが閉まっていて進まない。 Orz
そんな状況なのでした。
[PR]
# by stonemute | 2012-05-06 16:39 | ビオゴン 67

蛇腹の製作 その弐

R.A.F.(Royal Air Force / 英国空軍)ビオゴンを搭載した自作カメラ3号機の蛇腹の型紙を制作
した というのを前の記事に書いた。

「その壱」 があるからには 「その弐」 があって然るべきだから書くが、思ったより簡単に済んだので
内容は無いよう。 ^^;;
e0133566_1562848.jpg

出来上がりw

・・・ではアレなので、材料や手順を少し。

外から見えている部分は 0.3mm厚という非常に薄いヤンピー(山羊皮)である。
天然皮革でここまで薄いとピンホールは避けられない。
光学系に使うのにそれはマズいので、Web通販で買うときに事情を説明し、「普通はそのような
特別扱いはしない」 と言われながらも良い皮を譲ってもらった。

裏側(内側)にはクラフト紙を貼ってある。
これは、皮が薄すぎて丸で腰が無く、折ろうにもヘニャヘニャで折りようがないのを助けるのと、型紙
として折り目をつけるのと、皮のピンホール対策の役目がある。

前の記事ではケント紙を使ったが、それにヤンピーでは厚みが出すぎる。
コピー紙の倍程度の厚みの紙を別途用意した。

その紙にPDF型紙を印刷し、折り目の山谷を二色のボールペンで強めになぞって筋目を入れる。
外形を切り出したら裏面にスプレー糊(Scotch #77)を塗布し、ヤンピーの裏面に貼る。
乾いたところでボールペンの筋目に添って折っていき、糊代で接続して筒状に整え完成である。
あ! 筒にする前に、極太マジックペンで型紙を真っ黒に塗るのを忘れてはいけない。 ^^

完成品だが、ケント紙単品で折った時より靭やかだが腰もあり、丁度良い塩梅だと思う。

以上、型紙の試作で何個も作ったせいもあるが、予想してたよりは簡単に綺麗な物ができた。
[PR]
# by stonemute | 2012-03-26 15:54 | ビオゴン 67

蛇腹の製作 その壱

R.A.F.(Royal Air Force / 英国空軍)ビオゴンを搭載した自作カメラ3号機の木製グリップを
制作した というのを前の記事に書いた。

次に蛇腹の製作に入る。

簡単に 「蛇腹を作る」 などと言っているが、これがナカナカ難物である。
寸胴の立方体をなす蛇腹ならまだ出来そうなのだが、今回のようなテーパー(先すぼまり)かつ
底面が長方形で上面は正方形といった蛇腹の型紙など、どーすりゃイイのさ! な世界だ。

ところが、今のネットワーク世界で探せば途轍もなく便利なソリューションが見つかるもの。
静山氏の素晴らしい鉄道模型のサイトの中にカメラ用蛇腹の作図プログラムがあった。

このページで蛇腹のパラメータをサクサク入力し、[作成] ボタン一発で見事な型紙がPDFで
出力される。
e0133566_162522100.jpg

赤線が山折、黒線が谷折で、ケント紙などにプリントアウトして折ってゆくとパラメータ通りの蛇腹が
出来上がる。

まぁ折るにはソレなりのコツや忍耐がいるのだが、今回のように元ネタ無しの新規で作ろうなんて時
にこのプログラムが無かったら… と思うとゾッとする。

実際、3号機を設計するにあたり 「フォーカシングは蛇腹で」 などと進められたのは、このプログラム
の存在を事前に知っていたからだ。 ありがたい。

そんな訳で無事に蛇腹のスペックを決めて型紙を得ることが出来た。
e0133566_1636859.jpg

右に3つ並んでいるのは、スペックが決まるまでにトライ&エラーでNGになった試作品。
ボディへの貼り方が普通と少し違うので、図面通りの寸法を入れてもそうそう上手くいかない。
最後は1ミリ単位で微調整し、ボディに貼り込んである試作品を得た。

次はこれをヤンピー(羊革)で作らねばならない。 それもまた大変そうだ。
[PR]
# by stonemute | 2012-03-23 16:48 | ビオゴン 67

木製グリップの製作

R.A.F.(Royal Air Force / 英国空軍)ビオゴンを搭載した自作カメラ3号機のフィルムバック
脱着レバーを制作した というのを前の記事に書いた。

引き続き、我が自作カメラで最も手作りらしい部分である木製グリップを作った。

グリップ素材であるが、1号機は南洋花梨とも呼ばれるパダックを使った。
3号機用の素材を考える時、当初はサンバースタッグ(鹿角)を考えたのだが、生物資源保護の観点
からインド政府が輸出を制限していて入手困難。
結局ハンズで堅木の端材を漁ってスネークウッドに落ち着いた。

先ず大体の大きさに切り出して両面テープでボディへ貼り付ける。 鋸刃が立たないくらい硬い木だ。
e0133566_17364982.jpg

次に、握りの感触を確かめながらリューターでゴリゴリ削って形を整えていく。
大体の形になったところでボディから剥がし、サンドペーパーで手触り良く仕上げ、最後に
プラスティックの丸棒でバニッシング磨きをかけて完成♪
e0133566_17372391.jpg

再び両面テープで貼り、ついでにRAF ブロードアローの銘板も反対側に貼って記念撮影。
正規にはどちらも裏からビス止めをする。

職場の工作機械が借りられるのが月末なので、次は蛇腹を作ろうかな~?
[PR]
# by stonemute | 2012-03-21 17:54 | ビオゴン 67

フィルムバック脱着レバーの製作

R.A.F.(Royal Air Force / 英国空軍)の航空機に搭載されていた とされるビオゴンを積むための
ボディ部品が出来てきた というのを前の記事に書いた。

今日は天気も良かったので ^^; 掲題の如く小部品を造って遊んでいた。
写真を見て頂けば終わり というくらい記事の内容は薄い。

先ず、脱着レバーを3Dモデルから2D図面に等倍で起こして印刷する。
その紙を切抜き、素材となる12mm角のアルミ・チャンネル材に貼り付けたのが下図。
e0133566_17181622.jpg

何だかいきなり手作り感が溢れてまいりましたww

で、集合住宅のベランダでリューターぶん回して削り出していく。
削れたところで買っておいたΦ2mmのアルミリベットでボディへ組み付けた。
e0133566_17184169.jpg

以上オシマイ ^^;;

壱号機はこの部分をΦ4.5mmのスリーブボルトで設計したので、今一つせせこましかったのだ。
考えてみたら組んで二度とバラさない以上、リベットのカシメで充分じゃないか と思い切った。

ただ、1台に1個しか使わないこのリベット、微妙に特殊で1袋50本でしか買えなかったんだよな~
安いからイイけど、こーゆーのがワンオフの不利なところだ Orz
[PR]
# by stonemute | 2012-03-20 17:45 | ビオゴン 67


そして さらに遥か遠く、まだ見ぬシャングリラへ。


by stonemute

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
地図読み
ネタ
カメラ
ビオゴン 67
機械設計
モータースポーツ
自作中判1号機
古典印画
未分類

以前の記事

2016年 03月
2014年 05月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

画像一覧